【感想・総括・レビュー】メンタリストは名作海外ドラマだった

レッドジョンの真相は私が予想したもの七目三遊亭に行く感じで良かったと思います。 ただ、あまりにも話に出なかった人たちだからちょっと話の整合性が正しいのかに疑問が残って今は昔のシーズンを再検討しています。

レッドジョンは今までのシリーズなら-当然取れていないものもあるが-ジェーンの虚を突いている、ジェーンより賢明な印象もあったが、まずは真相を知って最後にはシンプルな追撃括弧で終わってしまいましたね...、シーズン途中にこの結末なので、まだ何かいるのかも考えたが。

シーズン6エピソード9から完全に雰囲気が変わる

mv5byweyngmymmytmtezns00ota4lwiznwutzme5ndzmzdg4nte4xkeyxkfqcgdeqxvymjg2mtmyntm-_v1_レッドジョンの方が終わると、ジェーンは、ある島にリズボンは小さな町の警察にリグスビーと反ペルトはデジタル警備会社を作って蝶はFBIで働いているところから始まります。

まあ、色々あって結局はジェーンとリズボンはFBIで蝶とその他メンタリスト新しいメンバーで働く事になるが、リーグずびーーと反ペルトはほとんど退場状態。リズボンはアボットの原因で、蝶と働くので、レッドジョン編でCBIで働いていた時とは雰囲気が異なります。

当然FBIの建物もなんだか無機質だが、ジェーンを島に探しに来たフィッシャーは決して悪い性格でもないが何かよく分からなくて、様々な面で完全に変わって寂しい感じです。

レンガ造りの建物の中でリーズ鴨がボスで蝶やリーグずびーー半ペルトに指示を出し、ジェーンはそこでお茶飲んだり、ソファーで横たわってエヘラエヘラしたシーズン6前半の雰囲気がない!何か他に-!!..何、ジェーンはソファとか自分の愛用したお茶杯を取り戻していく事も言ってるのに...

レッドジョンのようなストーリーの信念がなくなった『メンタリスト』

mentalist6x09x31Source:Gotta Watch It

レッドジョンを捕まえる話のテーマがなくなる、FBIで働くメンバーもすべて"いい人"。 FBIメンバーが良い人なのは働く側から見ればいいのだが,なんだかつまらない...普通の刑事ところになってあまりにも緊迫感はありません。

最後のシーズンにシーズン7が13話で終わった事も、(他のシーズンは20話以上)ジュンダンガムが私します。 視聴率が悪くなりました。

レッドジョン後のエンドロールで"将来はこのようになりました"感じで短いストーリーのエピローグがあっておしまい方がいいかもしれませんね。 ジェーンとリズの春の穏やかなカップルの胸が見たのは良かったですよ。

シーズン6エピソード9以降の整理

the-mentalist-season-7Source:Venture Capital Post

良かった点
・『メンタリスト』のドラマ自体が続いた
・ジェーンとリズ本このカップルになった
アボットが歴代上司の中で一番いい人だった
・リズ本貫がサイキックになったふりをした事もあった

悪い点
・話が単調た
・FBIの建物が無機質
・リーグずびーーと反ペルトがほとんど出なかった
・JJで修学死んだ
・リズ本貫が親分がないようになった
・ジェインの服が少しカジュアルになった
・なんかトークが最後の方、チロして出た
そして何より見ていて違和感か人間関係の変更に寂しさをいつも感じた

感じですね。 悪い点がいい点を超えてしまいましたが、面白いドラマだと思います。 私はシーズン4を一度再検討しています。 最近CBI内の家庭的な感じがやはり好きです。

卓越した観察眼で人の心を読む事件を解決に導く"メンタリスト"パトリック・ジェーンの活躍を描いて正統ミステリーがいよいよ最終章!5月25日(水)夜10時からスタート"メンタリストファイナルシーズン"の独占日本初放送を記念して今まで放送した"メンタリストシーズン1~6"私は138話でベストエピソードをポプキャウンー銀を実施しました。

以下、得票数ベスト10結果の発表します!メンタリストファンの皆さん投票に協力いただき、誠にありがとうございます。


<<第1位&gt;&gt;
シーズン6第22話"青い鳥"
ジェーンとリズ鴨がやっとお互いの率直な心情を吐露したエピソード。心が通じた二人はどうなっているのか...400283_S6_22.jpg<第2位&gt;
シーズン5第2話"血に染まったダイヤ"
ジェーンが幻覚でレッドジョンに殺害された娘の成長した姿で会える残念なエピソード。
<第3位&gt;
シーズン4第21話"ルビー色の魔法の靴"
最後の親切に満ちた驚くべき展開が印象的なエピソード。
第4位
シーズン3第18話"レッド・マイル"
人気サブキャラクター、シュタイナー検死官と涙なしには見られない心温まるエピソード。
第5位
シーズン1第1話"レッドジョンの影"
記念すべき第1回放送の第1話が獲得!
第6位
シーズン3第24話"イチゴクリームパート2(シーズン3最終回)"
第7位
シーズン5第5話"赤い夕焼け"
第8位
シーズン6第8話"レッドジョン"
第9位
シーズン5第22話"レッドジョンのルール(シーズン5最終回)"
第10位
シーズン6第16話"スミレの花束"
第1位になったシーズン6第22話"青い鳥"はファイナル・シーズン初放送直前5月25日(水)夜9時から特別放送致します。 ファイナルシーズン1話とともに必ず見てください!!

最近になって『メンタリスト』のシーズン4が伝達し、一気に見てもっとハマったサッカーポリーですこんにちは。

人間の表情やしぐさ、声のトーンでその人について、多くが知る鋭い観察の中を発揮し、ストーリーが進行される"メンタリスト"がおもしろい。

主演のジェーンがいいフォームて言葉胸がどきどきしまくり。どこかしらヒュー・グラントと同様の状況た目青い瞳に、胡(笑(丸刈りの金髪積まれますかたくて!

真剣な表情で純粋な笑みまでサイモン・ベーカーの魅力があふれています。

『メンタリスト』

 

主人公パトリック・ジェーンは卓越した観察力、洞察力,推理力を持って人の心を操縦シムリスルを駆使する"メンタリスト"。彼が犯罪コンサルタントとしてCBI(カリフォルニア州捜査局)に協力して、犯罪者の心を見抜いて数多くの凶悪事件の真相を暴き、人々の射幸心サスペンスドラマ。
キャスト

パトリック・ジェーン(サイモン・ベイカーー)

 

CBI捜査コンサルタント。破格的な方法でいつも事件関係者から真実を探知、事件解決に導く。

テレサリズ本ロビング・谷ー)

 

CBIの上級捜査官。このチームのボス決断力と行動力があって、優しくてかっこいい。

ウェイン・リーグずびーー(みーウエウン・イオマン)

 

CBI捜査官。いつ何か食べているキャラクター。そしてジェーンに騙されたり、遊んだりする場面が印象的。半ペエルトを好んで、ばれたパレイてかわいいです。

キンブル・蝶(ティム・韓)

 

CBI捜査官。私はギャングで元軍人。誠実でクール、冗談が通じないところも面白い。

グレース半ペルト(アマンダ・リゲッティ)

 

CBI捜査官。美人で性格も良くて強い!!かっこいいです。

レッドジョン

 

謎の連続殺人犯の犯行現場には被害者の血で塗られたスマイルマークを残す事が特徴。ジェーンの妻子もレッドジョンによって殺害されてジェーンはずっとレッドジョンを追っている。

予告


[MENTALISTメンタリスト]1stトレーラー-YouTube

見どころ

 

一番見所はやはりジェーンの観察眼が炸裂するところだ。
雀の涙ほどの目の動きや表情、しばらく体の硬直も逃さない鋭いだけ観察眼はすごいとするしかないです。 さらに、その観察能力を発揮するのは四六時中!!

いつどんな時にそれを見ていたのかどうかも分からないほど自然にいつも観察している。

こんなに他人の気分や考えをすぐ分かって他人の私生活を覗き見しているようにするならどのような生活かな?面白いかな。

リズのポジションであるジェーンに対する感情が知りたい!
リズ本貫はジェーンをに信頼しており、リズ鴨が頭であるティムウィゲッジだけほとんどジェーンのチームになる。 ジェーンの言葉通り、捜査しているとどんな事件も解決できそう。

それでも責任を負うのはいつもリーズのボンで色々大変な状況になる事も多いが、単純に善良な親分であるだけなのか、ジェインには特別な感情があるのか!

シーズン4まで見ていてもまだよく分からない。 好きなのか? どうかな? 好きだろう、うん。最終的にリズ本科ジェーンがハッピーエンドになればいいと私は考えている。

謎の殺人鬼レッドジョンの正体
レッドジョンを取る事(又は複数)がジェーンの目的であるのと思うけどそのレッドジョンは本当に姿を現さず、捜査は進まない。

『メンタリスト』の各話タイトルにはすべて"赤"に関するタイトルが付けられている。 これも主人公ジェーンとそのチームにレッドジョンがこのドラマの最大の目的だからだと思う。

CBIの中にもFBIの中でもレッドジョンの指先がいる感じであり、今後どう展開するかも楽しみ!!

 

には1話完結型ドラマで1日1話見方も簡単になって忙しい人にもオススメのドラマです!

人間の心理なら、『はプラダを着た悪魔』と
『ニック・フォーリン』の常連
サイモン・ベーカーが主演である
『メンタリスト』も、夫ないですね。
主人公の使うごまかしが
どこまで真実かは分からないが、
犯人の心理を読んで落とし穴に落ちた感じは
少しだけ『のコロンボ』味です。

この『メンタリスト』に出てくる
刑事役のロビン・谷ーは
『プリズンブレーキ』と
弁護士の役割をして、
見た事がある人も多いかと思います。
そして彼女は雑誌のインタビューで
"女優にとって大事なのは?"と問いかける
"貯金。いつ仕事がなくなるか分からないから"
していました。
このような夢のない返事をする女優谷
見た事がありません。
ロビン・最高です。

も刑事が、『HAWAII FIVE-O』、
正確には刑事しないが
事件の捜査が、『NCIS─のネイビー犯罪捜査班』は
好みが分かれるが、
溺れた人は前シーズン見るつもりです。
『NCIS』は『CSI:科学捜査隊』ような
科学捜査とアクションが適切に混ざって
さらに、変なギャグが混ざる
何と謎の美がいるドラマなのに
米国では人気があるようです。
CSI』に"マイアミ"や
"ニューヨーク"があるように
『NCIS』にも
『NCIS LA』はスピンオフがいて
"LA"は潜入捜査チーム事になっています。
最近はあまり潜入していないが、。


『メンタリスト』。実際に見ないと分からない事、どうだろうか。来て楽しむ事ができるか不安でしたが
興味深かった('∀`)

私はどうでも物語の始まり"初の話"って事を嫌いなのに、これは"初の話である"感じがほとんどしない自然な進入で柔らかく作品世界に入っていった。 それも良かった。
主人公ジェーン(♂をはじめ、主要登場人物のキャラクターも良い。

チームの女ボス・リズ紋ありふれたキャラクターと考えて意外に大してないように面白い。
主人公に近いポジションの女性が主人公が困難なヒース女とはいつもタイプかと思いきや、硬派でワイルド。女らしい事は下手なので同僚や家族には優しくする。 ダメダメな弟にも、結局は柔らかい。本当に兄。
それでも女傑であるだけでなく、王の年トトラブもOK!密かなお色気もバッチリ!

犯罪そのものにかかわらず、こうした"主人公が"特殊能力や特別な才能を認められ、そのチームに助っ人として"設定の話"は近くいる英雄的な女性は特に最初は主人公の能力に懐疑的もしくはただ刺すようにするヒステリーの少女(もちろん、ツンデレ事が博邦ないほど多い印象がいるが、そうした事とは違って本当にいい(・∀)!

見れなかったのでよくわからずに書いて間違えたら申し訳ないが、日本の人気ドラマ『ガリレオ』?とか『英雄』?とか、才能があり、KYの男性主人公とお目付け役的女性のコンビのドラマはほとんどそうだろ?柴崎コウに、松タカむしろ。"適当にしてください!"や"誠実にしてください!"と言って…うん、見てないんだけど。 イメージ。 ごめんね。

と、ここでふと、ここには時代もいるかも・・・と思った。
少し前の時代だったなら、女性上司ポスト自体が少なかったから、身長とノ的に描かれるパターンも多かったはずだ。 そんな面から、やはりアメリカのほうが日本よりも進んでいると感じている。
スタートレック』シリーズ(私は中距離ライトなトレッキーです)『スタートレックボイジャー(VOY)』で初の女性艦長キャスリン・ジェインウェイが主役(メインキャラクター)として登場したのが1995年。初の黒人司令官、シスコが全シリーズ『スタートレックディープスペース9(DS9)』に登場したのより遅れたものの、未だに女性が組織のトップに座るのがニュースになる日本より数十年と違うじゃないです。
日本のドラマでナチュラルに"女性指揮官"が主役で描かれた作品だとすれば個人的には天海祐希の『BOSS』が印象に強いのですが、これが2009年。天海祐希は2004年『離婚弁護士』もしっかりした強い女性を主人公を務めていたが、組織の"場"このメインの職務がない。 それ以前にどこまでも自然に女性の指揮官が出るドラマがあるんか。

と思っていて、ふと、威厳に満ちたホットキーの高峰三枝子の顔が頭に浮かんだのにそれはマチャアキのTVドラマ『西遊記』の省庁だった。
…うん、威厳あるべきであり、さまざまな意味で人類のトップ事は間違いないのだが、だから。。うん...


ちなみに、その"スタートレックで指揮官の設定"そのまま米国大統領に連動する事ができ、"黒人や女性どちらの大統領が先に登場するのか"の指標いずれも一部はしたが、その後、ヒラリーを破ったオバマの就任によって、そのままになったのは大変興味深い事は周知の話。

 

閑話休題。 『メンタリスト』の話に戻ろう。


同僚の男性たち二人も誠実でキャラクターがよくあり、好感が持てる。 ここの関連性もジェーンをおぞましいでもない公募する事もなく、普段は、ジェーンの奇抜さ・変人ぶりにあっけなく、それでもにはチーム同僚...同じ感じがまるでよくていい。
CSI:マイアミ、"あれ?チームであるため、それほど親しくはなかった…?
('д';)"
ような始まりはやはり嫌だろ…うん。

次はやはり主役の体がいいね!('∀`)

"古い表現で言えば"ハンサムな外貌""のミナムインとし、人を食べたようなオスルオスル万、変わり者万、実力は確かさでもその裏には自分の過ちがもたらした悲惨な過去が...

すべてと年と昼ヘンドゥンヒョンヒーロー(※2)の王道?('д'?)
私は昼ヘンドゥンヒョンヒーローが好きなのに粗雑に作られない限りは面白いですw

(※2)の表面的と世間では、怠けたり、ただ、人と思っては荒唐な気持ちも馬鹿になったりしているが、実は恐ろしい力と技術や才能があったり、代表の無責任なイメージでは想像できない真剣な事を心に抱いていたりする主人公。『必殺シリーズ』の中村注水、『風の剣心』の日村足もの間、『浮浪雲』の雲、『茂之シリーズ』のナリユキ、2chオカルト板発想小説『師匠シリーズ』の師匠・・・など大抵行って達観している。 人によって違うが、私の場合は、あまり完全無敵英雄タイプの要素とも重なるため『ルパン三世』のルパンや『、夢幻紳士』の夢幻魔魅遠征や『三回目とトンハ』の写楽なども含まれる。 ジェーンもこちらのベクトルが強い。

そしてこれは完全に好みの問題だから私の好みの話だがメンタリストタイトルの通り
"心理を読んで操作して事件を解決する話"
それで殺人現場の悲惨さを描く重視されていない事も私には魅力。
犯罪もの、推理、サスペンスものは大好きだったが、拷問場面と苦しむ場面と身体毀損などの映像自体は嫌いなもん...('д`;)
"アマ"をメインに見るタイプとでも言えようか?例えば『SAW』シリーズはストーリー的には見たいけど病気の世界が嫌で見ない事にした作品。『、ハンニバルレクター』シリーズはギルーリー行きました。

『夜内』はよくした、楽しく、すばらしい作品だがもどこまでも私には何だけど、あまりにも辛くて不格好な場面が多くて...それで犯行場面を30秒を飛ばす事になり、その結果、知っている考えも微妙に話が飛んで行く、どうなった事が起きたために...

特に子供が大変な仕事されるのは...
安ドェジョルデ('д`;)

特に、ボーダーと-私('д`;)
感情が押し寄せて制御できなくなるんだ
もちろん実際にそんなひどい目に遭う事になったり被害者は、現実にあるので、それをきちんと描く事には躊躇しません。 それは。そこは...

しかし、シーズン6の"母の祈り"多分今まで見た中でひどかった...
いつもタイトルで思わず縮み上がっが、これももちろん、姿勢を取って見たが、導入部のその場面(※3ネタばれを文の末尾)だけは...ちょっと、あそこを見る時だけは心臓が止まるようで、その後一旦停止して大声を出して泣きました。
彼はその話はトラウマ。
見るのが辛くて子供、メインの刺身は多いですが、その中でもこの刺身が一番。
なんかお母さんは、母事だけでここまで痛みを共有するか...それが何かよく分からない説明だが、、そんな感じでその場面は衝撃的であるために、茫然とさえしたよ。(ただぼくはボーダーと健全な心理状態の人とは異なるものだが、orz)
そしてその刺身を監督したのリードの役割のギュブラーだよ。 彼が監督した刺身は他にもあるが、いずれもうまくいっている才能のある-と思った。