住宅ローンの返済が苦しい人が知るべき必須知識

住宅ローンの返済は長いです。 35年ほど出します。

35年間、自分を取り巻く状況がずっと変わらないとは到底無理ですね。

経済状況が変わって毎月の住宅融資金の返済が苦しい人もいるはず。

今回は住宅融資金の返済が苦しい人に向けた状況を打開するための対策方法を紹介します。

"なぜ返済する困難?"を考えるのは無意味

インターネットを見ると、"どうして住宅ローン返済を経験した"と書いている記事をよく見ます。

しかし、現在、辛い人から見ると、"なぜ難しいようになったのか"など必要のない情報はないでしょうか。

どうして住宅融資金の返済が難しい状況に追い込まれたのか、それは自分が一番知っています。

住宅担保融資ノムッヌンも知れないし、無駄な出費をしてしまったのかもしれません。

自分が移して、思ったよりお金が入って来ない場合もあるでしょう。

成功すると考えて始めた事業が失敗し、住宅担保融資を起こさないようになってしまったかもしれません。

今は大丈夫ても老後に破産する場合もあります。

参照:http://www.yomiuri.co.jp/matome/archive/20160413-OYT8T50057.html

住宅担保融資が辛い人が今すべきことは現状を打開する"対策方法"です。

インターネットを見て"住宅担保貸し出しが難しい状況になったのはなぜか"と情報見る暇があったら、、まさに今から紹介する対策方法をとるようにしてみてください。

住宅担保融資で生活が辛い人が取る対策は

住宅担保融資が難しいならば、様々な問題が起こる前に少しでも早く行動に移してください。

行動に移すことが遅れれば、最終的な行動として"破産"など"債務整理"という選択肢を選択しなければなりません。

住宅担保融資が難しいと言った人を私は何人も見たが、直ちに対処しない人ほど、トイなりました。

参照:http://news.mynavi.jp/articles/2016/12/07/housing_loan/

参考ハンダゴンのだろうが、同じ我慢すると、現状維持はなく、苦しい今の状況を変えなければなりません。 すぐ以下の対策方法を実行しましょう。

家計を再検討して役に立たない保険と融資を圧縮する
銀行に住宅担保融資条件の変更や借り換えを相談する
償還に必要な金額を消費者金融から借りている
家を売る
債務整理する
次項より詳しく説明します。

家計を再検討して役に立たない保険と融資を圧縮する

早い段階で行動に移したのであれば、家計簿を再検討ばかりしても住宅ローンの支払いが簡単になるかも知れません。

住宅担保融資が苦しい理由は、2つしかありません。

失業や減給などで"収入が減った場合"と浪費などによる"支出が増えた場合"です。

失業や疾病などは家計簿の見直しでは対処できませんが、浪費などの支出は直すことができます。

浪費になっているものの事例は次のようです。

贅沢な食事
ぜいたく品を購入して発生した無駄なローン
高い生命保険などの余計な保険料
参照:http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=7002

分割払いで買った品物は腕

高級時計と高級車などを購入する場合は、可能な限り売却しましょう。

ただ、ローンで購入した物を売却するためには、特別注意が必要です。

車は、融資を支払っている間、所有者は信用販売会社などです。

もし買い入れ価格が融資残高より低いなど、融資を一括返済することができないなら、売却できません。

参照:http://www.orico.co.jp/loan/autoloan/ownership/

不必要な保険は全部解約した

保険は本来は将来のためにかけておくが、今の困難な状況なのに、将来のことを考える余裕はあまりないです。

特に大半の人が生命保険をかけていると思うが、住宅担保融資を利用中には団体信用生命保険にも加入しています。

つまり万一の時"家の債務"に関してはすでに保障されています。 生命保険を解約してもいいです。

保険の解約によって帰ってくるお金を住宅ローン返済に充当することができます

参照:http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/9019.htm

銀行など金融機関に住宅担保融資条件の変更や借り換えを相談する

家計を見直しても住宅担保融資の返済が困難な場合、むやみに消費者金融などから金を借りず、住宅担保融資を借りた金融機関に相談するようにしましょう。

相談する内容は"条件の変更""返済猶予"です。

条件変更で相談するなら、"償還期間延長""一定期間だけ返済額を下げた""、ボーナス支給をなくす"という3選択になります。

償還期間が増えるとその分だけ月支払額は落ちるが、支払総額は増えるので要注意。

さらに増えた期間分の保証料を請求する場合もあります。

参照:http://diamond.jp/articles/-/23011

住宅担保融資条件の変更が難しい場合は"返済猶予"をお願いします

条件変更で支払いが可能になればいいが、それでも支払いが困難な場合は、"返済猶予"相談をすることになります。

"返済猶予"は定めた一定期間を金利だけ返済する方法です。

最近、銀行も積極的に返済の相談に応じるに至っています。 必ず融資を受けている金融機関の担当者に相談するようにしましょう。

参照:http://diamond.jp/articles/-/99543

住宅担保融資の"金利の種類"にも注意する

インターネット銀行のような業態も増え、銀行が住宅担保貸出し利用者の争奪戦をしています。

金利はその最たるもので貴重な客を逃すまいと柔軟な対応する銀行も増えています。

もし今の状況が難しければ、金利型変える最大のチャンスかもしれません。

今よりも低い金利で話せるなら毎月返済も安心できますか。

返済できない分を消費者金融から借りている

あまりお勧めするやり方ではないが、来月に確実な収入が入ってくると、1時の策として消費者金融銀行から資金を借りて返済するのも悪くないかもしれません。

ただ率直に自転車操業になる可能性が高いです。

住宅融資金返済のための借金を続けた人を何度も見たことがあるが、結果的に破産になってしまった人が多かったです。

住宅ローンの支払いを負債で充当したなら絶対に返済する臨時収入が入ってくることが確定している場合に限ってすればいいでしょう。

家を売る

住宅ローンの返済が難しいなら、もう家を売却するのが良いのかもしれません。

一応返済が厳しくなると、そして復活することは大変難しいことです。

住宅ローンを返すために子どもが希望する進路を放棄しなければならない場合もあります。

返済のために失ってしまうことは多いですね。

そうして位ならいっそ、家を売って他のチョンセに移して捨てなければなりません。

"今は大変だが私~~のうち何とかなる"と努力して償還した人をよく見てきたが、結果的に破産をする人が多かったです。

破産し、周辺の信用や財産、それから大切な家族を失った人も見たことがあります。

今が辛いのなら、その苦痛の元凶となった家を売却すれば、簡単に苦痛から解放されます。

せっかく住宅融資を受けて家を手に入れて入れたのだから、来て気概になる人は多いです。

しかし、行動が遅れれば遅れるほど、状況はキツなります。

家は売却するタイミングが遅れるほど、資産価値をなくして売却金額が辞任する特徴もあります。

結果的に家を処分可能性が高いとすればこれから家を売る覚悟を固めておいてもいいかもしれません。

返済が苦しい人のために"任意売却"と呼ばれる特殊な売却方法もあります。

参照:https://www.963281.or.jp/self_check/chk000/

任意売却を活用すれば、返済する大変な日々に終止符を打つのが間違いないです。

債務整理をして

家を売却しなくてやっと家を維持しようとする人もいるでしょう。

しかし、家計の見直しや返済の相談をしても改善されない場合、どうすればいいですか?

もし、収入が減少したら、一生懸命働けば、今の苦しい状況が改善される可能性もあります。

しかし、輸入が減ったわけではなく、ただ単に返済が難しいなら、勇気を出して債務整理を選択するしかないかもしれません。

債務整理は整理する対象を選択することができます。

住宅担保融資以外を選択して整理すれば家を残すことは可能です。

返済が苦しい人ならネットで情報収集する時がない

インターネットで情報収集しているとどうしても"自分以外にも大変な状況の人がいるのだ"と思って安心してしまいがちです。

実際に3分の1以上の人が、住宅担保貸出し利用した後、"返済しがたい"と回答しています。

参照:http://suumo.jp/journal/2013/07/01/46675/

自分以外にも住宅担保融資に苦しむ人がいるなら、今の状況をもっと努力してもいいかもしれない、と考える人がいます。

しかし、その考えは大きな間違いです。

私は何も住宅担保融資が辛い人を見てきたが、どんな人も一度難しいと感じた後に改善した試験がありません。

最終的には自己破産に至っていない、競売に至る場合が多かったです。

今すぐ動かすべきだ!

ネットを見て余計な情報収集する間も時々刻々と次の満期が近づいています。

次の返済をどのようになるにはどうすればいいかなと思っている人はたくさんいる。

どうにかなりそうじゃない、その対策方法でインターネットの検索しているでしょうか

しかし、インターネットにあなたの状況を激変させる具体的な方法は載っていません。

今回紹介した対策の実施手法以上のものはなかなか紹介されないのです。

明らかにし、これ以上の検索しても無駄です。

自分にぴったりの方法がまだあるはずだなんて"横の芝生が青い"理論に熱中していると結果的に最悪の事態に関与されます。

近いうちに動き、今の住宅担保融資が厳しい状況を脱出してください。