ガソリンスタンドで土地活用する3つのコツ

ガソリンスタンドは土地の活用で収益性だけを考えれば、おそらく最も条件がいいです。 もちろん、立地条件で他のロードサイドビジネスの歳入者にとっても良い条件を出すところがあるが、"条件的に最も"ウロルほど高い収益性を実現しやすいものがガソリンスタンドです。 油(石油販売の自由化にガソリンスタンド同士の競争は激化しております。 安価なガソリンスタンドは、ある街道も必ず見ることができます。 ガソリンスタンドが二つ連なっていたり、道路に沿って正面にいたりすることもありません。 そして多くのガソリンスタンドが今も古鉄のような運命にある一方、出店意欲も非常に高いことがあります。 事実、ガソリンスタンドはどの系列でも扉も多くの代わりに出店も非常に多くなっています。 なぜかガソリンスタンドのボンチャンジョムの特徴としての大型化ということが挙げられています。 それは女性運転者の存在が無視できないほどに増えたのも大きな理由の一つです。 ガソリンスタンドも他のロードサイドビジネスと同様で、幅が広い入りやすいものに表示されます。 女性ドライバーだけでなく、男性運転者と言われやすいものは大歓迎です。 ガソリンスタンドでガソリンが安くて高いとしてもどうせ一銭二銭の世界です。 一〇リットル入れたところで、一〇円しか違わないです。 満タンにしたとしてもあまり値段が違わないとしと、入りやすさを選択します。 かくしてガソリンスタンドは幅が広い、入る容易なのが主流となっている、幅が狭いのは敬遠されています。もちろん、競合店との約束もあるので一概には言えませんが、どの系列ガソリンスタンドも幅が狭い一〇〇~一〇〇坪半の店舗を閉鎖して君の〇〇~五〇〇坪超過のガソリンスタンドを積極的に出店しています。 ただし、今後は石油販売自由化の影響が立ってヒロ出て今の出店基準にも歯止めがかかっている様子はあります。 ガソリンスタンドの魅力は、その収益性としたが、実際そのリース料は目を見張るものがあります。 どの系列でも他のロードサイドビジネスと一緒に保証金及び自分の建設方式、建設協力金があり、一部系列では定期借地権方式を導入しています。

ガソリンスタンドの数は半減


交通量の多い幹線道路沿いに接した土地は排気ガスや騒音が多く、マンションやアパートなどジュゴギェの土地の活用にはあまり向きません。

そんな生活道路沿いでは、住宅街よりはむしろジャカヨンゲクを狙ったロードサイド店用地として活用することが、理論です。
その一つの選択肢として、ガソリンスタンド用地として活用について考えましょう。
昔は"なる"といったガソリンスタンドが、最近には廃業に追い込まれるガススタンドが目に付きます。

実際、全国のガソリンスタンドの数は平成6年の約六万社から平成26年には三万3000程度まで減り、20年に半減するという変な事態に陥っています。
これは

石油価格が急騰し、ガソリンスタンドの利益が減少したもの
40年以上経過した油貯蔵タンク数・交換が義務化されたもの
都市部の車離れやエコカーの油消費量が減少したもの
背中が絡み合ってガソリンスタンド経営を圧迫したためと見ています。
持株氏としては経営に不安がある業態に貸与は、賃貸料収入の面で不安があるためにビョルロトンの良い人ではありません。

ただ、見方を変え、仕事のことにガソリンスタンドが減ったというのは生き残ったところは、競争が少ない環境下で安心して商売を続けられるとすることができます。

例えば同じ町内に3ヵ所のガソリンスタンドが競い合っていた時は、価格競争に関与した経営が強いられたのだ。
これが、周辺の商店街が滅び、1つになると、価格競争しなくても町のすべてのガソリン需要や石油需要を独占できる状態で利用者が増えているのです。
実際、ガソリンスタンドは廃業する店も多い反面、新規出店する店も、実は多いです。

契約方法では土地だけを貸し出し、獲得期間を限定した一般定期借地権として事業用借地権契約となる場合が多くなっています。

 

では、どのようなガソリンスタンドが新たに誕生するんですか?

セルフガソリンスタンド

最近、増えつつあるお客様ご自身に入れてセルフ方式のスタンド。

アルバイトなどの人件費を減らすことができるため、低価格で販売しても、利益が残って価格競争力で優位に立つようにからです。
運転者心理ということはおかしなことがリットル当たり1円、2円安くだけで集客力は全く異なります。

50リットル入れても50円や100円しか違わないのに、1円でも安くスタンドが客を独占することになります。
この50円、100円を工面するために店側は"乾いた雑巾を絞る"ような努力を重ねました。

しかし、それにも限界があるため、結局はセルプジョム(人件費のかからない店)にするしか無くなったのが現状です。

詩人性が高い店舗でも価格が高ければうまくいかない可能性が高くなるため、セルフガソリンスタンドの需要が増えているのが現状です。

聞きやすく出やすい疲労の店

昔は100坪もならないようなガソリンスタンドもたくさんあったがそのような狭い店は車で入ることも出てくるものも困難な場合が多い、敬遠されるようになっています。

近年、運転が下手な女性運転者が増えたことも、狭いガソリンスタンドが淘汰される原因の一つともいいます。

広い道路に沿って敷地はゆったりと取った400坪で500坪程度のガソリンスタンドの出店が増えています。

 

つまり広い敷地を確保できる給油所用地の需要は今も水準が高い、持株さんには人にガソリンスタンドを敬遠する必要は必ずありません。

もし、所在地が交通量の多い広い道路に沿って400坪程度の広さがあり、また周囲にガソリンスタンドがない(いてもセルフではなく)なら"将来性のあるガソリンスタンド用紙"に地目が当たる可能性はあります。

 

ただ、ガソリンスタンド経営には欠点もあるので、その点もしっかり押さえておきましょう。


ウサギ
ガソリンスタンド経営の長所や短所を詳しく教えて!


鹿
ガソリンスタンド経営を導入する場合には撤去後のことも考えてよく検討した後に導入するようにする。
土地活用対策として、ガソリンスタンドの長所と短所


もし所有地が競争のないガソリンスタンド経営が可能な土地ならば、長期安定経営が期待されるので、持株さんは、テナント料収入の不安が小さいのがメリットです。

今後、油で水素と電気で自動車のエネルギー転換することも予想されるが、その急速充電スポットなどとしての役割をガソリンスタンドが担当することもあります。

暖房用灯油の需要もあり、整備、洗車など、ガソリン販売の他にもガソリンスタンドの要求は残っています。

何よりも安価でパワフルなガソリン自動車はまだ使用されるものであり、地域のインフラとしてガソリンスタンドは20年やそこらに使命を終えることはないと思います。
一方、短所としては、ガソリンという特殊な商品を扱うために問題がいくつか挙げられます。

原状復帰費用

ガソリンスタンドの場合、地下に巨大なタンクを打っておく必要があります。

土地を返還される時は、この巨大なタンクを掘り返して、撤去するべきでしょう。

また、設備と建物も丈夫な仕様のために撤去費用がかさみ、一般的にガソリンスタンドだった土地を生地に戻すには600万円800万円程度はかかるとします。

この費用は人が負担して生地化して返還するのが原則です。

しかし、もしガソリンスタンドが倒産、廃業された場合には原状復帰したくてもできないという事態が懸念されるのです。

最悪の場合,地主氏が自費で撤去せざるを得なくなる事態も考えます。

土地の汚染対策

東京の豊洲市場問題で見たように,石油製品を扱った場合、土壌が有害物質で汚染される恐れがあります。

ガソリンスタンドも土壌汚染の恐れがあり、次の土地活用のためには土壌調査費用(50万円ぐらい)で汚染が確認された場合は汚染された土の交代などの対策費用がかかる場合があり、その費用は"億単位"になる場合もあるとだけします。
店舗用地などにデチュルブンはアスファルトで覆われるなどの処理で解決される場合もあるが売却すれば、そう簡単にはありません。

例えば、分譲マンションで販売する場合、土壌汚染された土地であることを"重要事項説明書"に明記されて説明する必要があります。

これでは販売の大きな負担となって分譲会社は持株氏に汚染物質の除去を要求することになることです。

こうなると、多くの土壌汚染対策費用を持株氏が負担することになり、売却自体が失敗に終わる可能性が高くなります。

原状復旧費用が増えるものと土壌汚染の危険を考慮すれば、ガソリンスタンドの土地の活用は慎重に判断する必要があるのは言うまでもありません。

むしろ、生活幹線道路沿いの建物であるガソリンスタンドの好適地面のコンビニエンスストアや携帯ショップや飲食店など幅広いロードサイド店で、立地環境が良い所でもあるだろうなので、次の土地活用のしやすさまで狙って判断しなければならないんです。
その他にも、月極め駐車場などの活用法もあるが、産業道路沿いの場合にはロードサイド水で飲食店舗の経営の方が推奨される場合が多いとされています。


ウサギ
ガソリンスタンドが上手くいかなかった時はどんな土地の活用が推薦になる?


鹿
店舗運営にはガソリンスタンドの遺跡でもよく土地の活用を進めることができる場合もある。
ガソリンスタンドだった土地の活用


最後にもし所有地がガソリンスタンドだった場合の土地の活用策を考えましょう。
まず、ガソリンスタンドだった土地は売却は避けて他のロードサイド店に融資の方に検討しなければならないんです。
汚染の程度によってもよるが、法令上は汚染された土をアスファルトで覆われるなどの汚染物質が口に入らないように対策すると、OKと申します。

それで店舗用地などにデチュルブンは土壌汚染が問題になることもなく、幅広い人と期待されます。
また、建物と塀をホルエド大きな費用が発生するため、いわゆる"すべてキョムルゴン"で人を探すのも一つの方法です。

実際、既存建物にしたパン屋と美容室、ラーメン店、中古車販売店など販売店の開店しない繁盛する事例もよくみます。

十分な駐車場スペースを備えて耐震耐火性に優れ、雨に濡れない構造のためにむしろ既存店の方が客に歓迎されているという話もよく聞きます。

すべてキョメムルにある程度の収益を確保してその利益を書いて更地にするというステップを踏むのが現実的な対策になるかもしれません

土地の活用"ガソリンスタンド"の基礎知識

土地の活用"ガソリンスタンド"の基礎知識
交通量の多い道路沿いにある土地は排気ガスが多くの騒音もうるさいです。

とてもないが、マンションなど住居型土地の活用には合わないです。

交通量の多い道路沿いにある土地では住宅よりジャカヨンゲクをターゲットにしなければなりません。

いわゆる"ロードサイド用紙"に土地活用しましょう。

ロードサイド用紙の一つの選択肢がガソリンスタンドです。

昔もなる土地の活用の最大だったとガソリンスタンド。

しかし、近年は閉店する事例が引き立って見えます。

実際のガソリンスタンドの数は20年の間に半分になっています。

数が減った原因は原油高にガソリンスタンドの利益が減ったからでしょうね。

40年物のガソリン用の貯蔵タンクの交換が義務化したのも大きな影響を及ぼしています。

都市の若者たちが車離れになったのも原因の一つでしょう。

エコにガソリン消費量が減ったのも影響があります。

このように各ガソリンスタンドが衰退する理由は多いです

複数の原因が絡み合ってガソリンスタンドの数を減らしてしまったのです。

持株から見たら、体調がよくないな活用方法を修正することは興味を抱くことができませんね。

ここまで否定的な情報があると消息筋の良い土地の活用方法はありません。

ただ、肯定的に考えれば"競争者が減った"と考えることもあります。

だろうにガソリンスタンドがすいて、今始めると安心して運営する可能性も高いです。

同じ地域に4個以上のもガソリンスタンドがあれば間違いなく"ギョクチョンク"です。

最終的には価格競争になって、言葉三人がない土地活用になったでしょう。

もしあなたが所有した土地、周辺スタンドが廃業したなら、機会です。

あなたが開業すれば1つのみとなって価格競争せず、すべての客を独占することができます。

利用者に困ったのではないです。

実際のガソリンスタンドはドア数も多くていたが、出店数も増加傾向にあります。

もしガソリンスタンドをしたら契約方法は1つです。

獲得期間を定めた"事業用借地権契約"になる場合がほとんどです。

昨今のガソリンスタンドは"セルフ"が主流

次第に増加しているガソリンスタンドが、昨今のスタンドは"主流"があります

客が自分で注油した"セルフ"方式のスタンドが主流です。

セルフラーメンバイトの人件費を軽減することができます。

ガソリンを低価格で提供しても利益が残って価格競争でも優位になるのが利点です。

ガソリンは他の商品と違って、1円~2円でも違うだけで集客効果が変わります。

10党10円しか変わらないが、1円上がったスタンドが客引きを押します。

ただ、ガソリンスタンド側から見ると1円値下げも痛いです。

どうにか割引とあらゆる努力を重ねたことがガソリンスタンドの歴史です。

努力の結果生まれたことが"セルフ"方式のスタンドです。

人件費のかからない方を燃料価格の引き下げにつなげています。

どれだけ車両通行が多い場所に立地していても価格が高いと客は来ません。

セルフの数は増えており、価格競争で遅れないためにセルフが常識となっています。

今ガソリンスタンドで成功すれば、100坪以上は必要

昔は100坪未満の小規模なガソリンスタンドが多く存在しました。

しかし、今は小さいガソリンスタンドは生き残れません。

狭いスタンドは車の出入りが難しいせいからそっぽを向かれてしまいます。

特に運転が下手な女性運転者は狭いガソリンスタンドを嫌いです。

最近の女性運転者は増加中であり、小さなスタンドはさらに淘汰されやすくなっています。

これからガソリンスタンドは広い道路にジョプドハ、のびやかな敷地が必要です。

少なくとも100坪、できれば400坪~500坪あると有利になることです。

広い敷地であればあるほど、ガソリンスタンドで成功する確率が高くなります。

大きなスタンドの要求は高く、広大な土地を持った持株には機会です。

所有地が広いだけでなく、交通量の多い道路に面しているなら、なおさらです。

ここの周りのガススタンドがない地域のラーメン将来性は優れている。

大きな収益を可能なガソリンスタンドの敷地であることは間違いありません。

土地の活用"ガソリンスタンド"の長所と短所

土地の活用"ガソリンスタンド"の長所と短所
前章では土地の活用"ガソリンスタンド"の基礎情報を伝えました。

昨今の土地の活用"ガソリンスタンド"の立場を理解したと思います。

以下に紹介するのは土地の活用"ガソリンスタンド"の長所・短所です。

もし所有している土地がガソリンスタンドの可能なうえ、周辺のライバルがなければ機会です。

長期的に安定した収益が可能です。 優秀な土地の活用と巨額の賃貸料を生むでしょう。

将来的に油で他のエネルギーが変わる可能性もゼロではありません。

もし水素が現われれば、スタンド内に充電スポットを設置すれば済むことです。

エネルギーの変更については柔軟に対応できますか。

スタンドには灯油と整備、洗車などの油以外の需要もあります。

もともと既存より割安になってあるガソリンは、すぐに世代交代しません。

ガソリン自動車はまだ利用されます。 需要も安定すること。

ガソリンスタンドは"インフラ"として、今後引き続き利用されます。

しかし、ガソリンスタンドには短所もあります。

デメリットの多くは油が特殊な商品であるため、可能な問題です。

ガソリンスタンドは地下に巨大な貯蔵タンクを入力させます。

ガソリンスタンドから撤退するためには、巨大なタンクをしなきゃ。。

タンクのほかの設備と建物も丈夫なものに撤去費用は相当なもの。

ガソリンスタンドだった土地を通常の生地をしには1000万円ぐらいかかります。

撤収費用がここまでの所要される土地の活用は、外にないて大きな弱点だと言えます。

ガソリンスタンドには土地の汚染対策もつけられます。

ガソリンのために自分の土地の土壌が汚染される可能性があります。

他の土地の活用を実施すれば、土壌調査が必須です。 費用は50万円くらいかかりますか。

調査の結果、汚染が確認された場合はとても大変です。

汚染された土地はみな交代になるので、億単位の費用になる可能性もあります。

もし土壌汚染があっても、アスファルトで覆って融資の場合もあります。

ただ、売却することになれば、アスファルト加工ではすみません。

売却時に土壌汚染の地ということを"重要事項説明書"に明記して説明する必要があります。

売却時の大きな足かせになることは間違いありません。

売却自体がまだ成立になる可能性が非常に高いです。

生地化費用と土壌汚染の危険を考慮すれば、ガソリンスタンドの欠点は多いです。

危険を慎重に判断して、本当にガソリンスタンドにしなければならないか在庫しましょう。

車両通行が多い道路沿いにある土地ならば、ガソリンスタンド以外の選択肢もあります。

コンビニ・コインランドリー等の活用方法も、相性がいいです。

立地に合うほかの土地の活用と比較検討しながら活用方法を決定してください。

ガソリンスタンドだった土地の土地の活用

ガソリンスタンドだった土地の土地の活用
前章では土地の活用"ガソリンスタンド"の長所と短所を伝えました。

土地の活用"ガソリンスタンド"の魅力と欠点を理解してくれたようです。

以下に紹介するのは、ガススタンドだった土地の土地の活用方法です。

もしガソリンスタンドに挑戦して失敗したとき以降の土地の活用方法を紹介します。

ガソリンスタンドだった土地は後の問題を考慮して売却だけは避けなければなりません。

ロードサイドゥギェの売り場に運用する方向で検討しほうがましです。

気になる土壌汚染だが、調査結果でアウトでも何かする方法はあります。

法令上は汚染された部分をアスファルトに伏せると、問題ありません。

具体的には"汚染物質が口に入っていない対策"をして入ればOKです。

もし土壌汚染されていても、店舗用地などに融資は問題ありません。

立地がよければ、人を見つけるのにも苦労しないでしょう。

もしガソリンスタンドの建物や塀がまだ残っているなら、除去費用がかかります。

除去費用を節約するために"すべてキョムルゴン"で募集してください。

実際、ガソリンスタンドの姿を残したままのラーメン店と中古次点は多いです。

ガソリンスタンドのオープン後に繁盛している店も少なくありません。

ガソリンスタンドは十分な駐車場があり、施設は耐震耐火性が優れています。

駐車場は雨に濡れないため、むしろ"居抜きて"の方がニーズがあるかどうかもしれません。

最初はすべてキョメムルで運用して収益を確保した後、更地にすることも良いのかもしれません。

本章の最初にガソリンスタンドの売却は難しいと伝えました。

ただ、都市にある土地にあるガソリンスタンドの売却を狙うこと場合もあります。

土壌汚染の可能性があるスタンド席は、売却に合わないんです。

売却時の説明で土壌汚染のために契約が実現されることは日常茶飯事です。

売却後に土壌汚染の責任追及する場合もゼロはないでしょう。

ただ、都市部の土地にある大手建設会社がリスクを承知で購入する場合があります。

立地や土壌汚染を秤にかけて、結果的に購入してくれる事例が頻発しています。

都市地域は商業施設や大型マンションの需要が高い土地が不足していません。

私はガソリンスタンドの地でも喉から手が出ている会社は多いです。

都市にあるガソリンスタンド席したら比較的簡単に売却が可能でしょう。

ただ何度もするが、これは都市地域に限った話です。

地方では、売却の話は出ていないんです。

売却のオファーがあったところで土壌汚染の解決の費用を要求する可能性がします。

主人が不利な状態で、売却を要求されるのは間違いないでしょう。

もしガソリンスタンド席を自ら再び活用したら駐車場が最高です。

駐車場は、初期投資が少なくて安定した収入を実現しやすい土地の活用です。

ガソリンスタンドからは自動車の出入りに問題なくて物理的な利点もあります。

駐車場には"月極め""コイン駐車"があります。

どんな方式で決めなければならないかどうかを決定するための判断要素は"立地"です。

近くにショッピング施設と学校駅があるなら、"コイン駐車"李最高です。

住宅周辺に立地するなら、迷わず"月極め"を選ぶのが最高です。

自分の土地の環境を見てどちらにするかどうか判断してみてください。

注目するのは"近くに何の施設があるのか"です。